まだまだある!うれしい効果いろいろ

ピニトールやその原料の一つであるアイスプラントには、血糖値を下げる効果のほかにさまざまな健康効果が認められます。どのような効果があるのでしょうか?

血糖値を下げるだけじゃない!

血糖をしっかり細胞内に取り込んで血糖値を下げるピニトールやその原料となる野菜・アイスプラントですが、高血糖の改善以外にもさまざまな健康効果があります。

まず第一に挙げられるのは肝機能の保護・改善効果です。

ピニトールを摂取すると、肝臓の機能を見極める代表的な数値であるASTならびにALT、r-GTPなどが改善が見込めます。

とくに急性肝臓損傷や肝臓障害の予防効果があるとも考えられています。実際に脂肪肝や肝臓の機能が落ちている人を対象に行ったある臨床試験では、肝臓の数値がほぼ正常値に戻ったという結果を得られました。

糖尿病が招く白内障にも効果が

糖尿病はさまざまな合併症をもたらします。とくに目の疾患が多く、白内障もその一つです。

白内障は糖尿病がなくても加齢によっておこる病気で、白内障と診断されると目の奥にレンズを入れる治療法がとられます。

手術自体は簡単なものですが感染症にかかるリスクがあり、その結果失明してしまうこともあります。

そのため術後数週間は数種類の目薬を1日に何度も何度もささなければなりません。治療には根気が求められます。

糖尿病になると白内障のリスクが通常の人の5倍も高まると言われています。

ピニトールにはこの白内障を予防する効果も期待されています。

ソウル大学の研究結果にはピニトールには眼球の水晶体の白濁の増加を抑制できたというもがあり、その他の研究でも同様の結論が得られています。

ピニトールやアイスプラントのその他の効果

ピニトールには運動能力の向上効果も見込めます。

ピニトールにはインスリン抵抗性を改善する効果がありますが、健常な人の糖代謝(脂肪代謝)も促進させることから疲労も回復しやすくなります。

体力を強化させる筋肉内のクレアチニン保持も増加させるので、そのことも運動能力の向上に結びつきます。

前ページの口コミで内臓脂肪が減ったという人や太りにくくなったといった感想がありましたが、それにはこのピニトールの働きが関係しているのかもしれません。

またフォスホリバーゼA2という物質を阻害する効果があることから皮膚の炎症にも効能を示します。

ピニトールはほかにも変形性関節炎の軟骨の保護や多嚢胞性卵巣症といった症状への効果があることもわかっています。

ピニトールの研究は現在も多くの研究者によって続けられ、日々新しい効能が明らかになっています。 

ページの先頭へ