サプリメントを飲む

血糖値を下げる対策の一つにサプリメントがあります。糖尿病を予防するサプリメント成分や選び方、サプリに期待できる効果などをまとめました。

サプリメントで血糖値をケア

食事内容の見直しや適度な運動、生活習慣の改善は糖尿病予備軍の人にぜひ取り入れてほしい血糖値を下げる方法ですが、そこにサプリメントを加えるとさらに血糖値を下げる効果が期待できます。

また、毎日野菜をたくさん摂ることができない人、どうしても外食が多くなってしまう人、忙しくてゆっくりと食事ができない、運動ができないというような人はサプリメントで血糖値を安定させるようにするとベターでしょう。

もちろん、サプリメントを飲んでいるからといって食生活や生活習慣を改善させなくていいというわけではありません。

しかし飲むのと飲まないのでは違いが生じるのも確かです。血糖値が気になっている人は、サプリメントを上手に取り入れることをおすすめします。

サプリメントの選び方

血糖値の改善が期待できるサプリメントはたくさん販売されていますが、それぞれの製品で成分が違い、効能も異なります。価格も数千円から数万円と幅があります。

サプリメントは薬とは違い、薬のような副作用がない反面、即座に効くというものではありません。毎日続けてこそ効果が期待できます。そのため、サプリメントを選ぶ際には次のポイントを重視するといいでしょう。

■毎日無理なく続けられる価格のもの

あまりにも高額の場合は継続するのが難しくなる場合も。3,000〜4,000円程度で高品質のサプリメントはたくさんあります。

■不味くないもの、飲みやすい形状のもの

毎日続けるためには、飲みやすさも大切なポイントになります。顆粒やカプセル、錠剤、ジュースタイプなどさまざまな形状がありますが、味を感じさせないもののほうが飽きもこず、長く続けられるでしょう。

■何に効くのかということが明らかなもの

血糖値の上昇を抑える、血糖値を降下させる、インスリンの働きを活性させる、糖の上昇を緩やかにする、GLUT4の働きを高める……というように、血糖値に作用するとは言ってもアプローチの仕方はさまざまです。どのような働きがあり、血糖値がどうなるのかといったことが明らかなサプリメントを選びましょう。

■血糖値以外の成人病にも効果があるもの

血糖値が高くなる年代ではメタボリックシンドロームなども同時に気になり、それらが血糖値を上げる原因になっていることがあります。高脂血症などにも効果があるものがベストです。

糖尿病を予防するサプリメントのおすすめ成分

血糖値の上昇を抑えるサプリメントの成分の主なものとその働きの一例をご紹介しましょう。

■食物繊維(難消化性デキストリン)…糖や脂質を体外に排出したり、血糖値の上昇を緩やかにする。

■サラシア…余分な糖が体に蓄積されるのを防ぐ。

■ピニトール…植物インスリン様物質でGLUT4を活性化させて血糖値を下げ、インスリン抵抗性も改善する。

■イヌリン(水溶性食物繊維)…急激な血糖値の上昇を抑える。

■DNJ(1-デオキシノジリマイシン)…腸での糖の吸収を緩やかに抑える。

■コロソリン酸…GLUT4の働きを促進させて血糖値を下げる。

■サポニン…血糖値の上昇を抑える。

■クロム…インスリン抵抗性を改善する。

■ビタミンB群…糖質を代謝させる。

■豆鼓エキス…食後の血糖値の上昇を抑える。

■マグネシウム…インスリンの働きをサポートする。

■カテキン…糖の吸収を遅くする。

■ゴーヤ…植物インスリン様物質で血糖値を下げる。

■亜鉛…インスリンの構成成分であり、インスリンの分泌をサポートする。

■カリウム…インスリンの効果を高める。

このほかにも血糖値の良いとされている成分はたくさんあります。サプリメントを取り入れたいと考えた場合は、その効能についてもよくよく吟味してから導入するようにしましょう。

サプリメントは、とくに糖尿予備軍の人が取り入れることで糖尿病の発症を防ぐことが期待できます。

しかしすでにインスリンなどで血糖のコントロールをしている人は、導入する前に主治医に相談してください。サプリメントの成分が効きすぎるとインスリンの量が合わなくなって低血糖を起こすことがあるからです。

ページの先頭へ