【番外】病院での治療

糖尿病と診断された場合は、病院の指導のもと、食事療法や運動療法、薬物療法などを受けることになります。治療や薬の種類、内容を解説します。

糖尿病の治療や薬

糖尿病の発症が確定した場合は、自己流の方法ではなく病院で治療を受けることになります。糖尿病の治療法には食事療法と運動療法、薬物療法があります。

■食事療法

1日の摂取カロリーを厳守して標準体重の維持を目指し、インスリン作用不足の解消を目指します。カロリーをしっかり計量し食品交換表を使用、食事の時間も守ります。

■運動療法

インスリン作用の感受性を高めて血糖値を下げ、筋肉を増やして脂肪を減らすことを目的に行います。高脂血症や高血圧の改善も見込め、体力も向上します。

■薬物療法

食事による療法や運動による療法で思うような効果が出なかった場合に経口剤やインスリン注射によって血糖値を下げる方法です。ただし、食事療法や運動療法も同時に行います。

薬物治療の内容

糖尿病の飲み薬にはインスリンの分泌を増やすもの、インスリンの働きを良くするもの、肝臓によるブドウ糖の生産量を抑えるもの、糖分が体に取り込まれるのを阻害するものなどがあり、それぞれの血糖値やタイプによって処方されます。

注射薬としてはインスリンがあり、決められた時間に患者が自分でお腹や太ももなどに注射を行います。

飲み薬とインスリン注射のどちらを選ぶかは糖尿病のタイプや注射を受入れられるかどうかといった事情がからんできますが、薬を数種類使ったり、薬とインスリンを併用する場合もあります。

より確実に血糖値を下げることができるのはインスリンで、すぐに効果が出る超速攻型から時効型までいくつか種類があります。人によっては1日4回程度の注射が必要になることがあります。

薬物治療のリスク

薬物治療につきものなのが低血糖です。これは薬やインスリンが効きすぎて血糖値が低くなりすぎてしまうというもの。低血糖と感じたらブドウ糖などをすぐに補わないと意識障害や昏睡、けいれんを起こすことがあります。

こういったリスクを回避するために自分で血糖値を測る「血糖自己測定」を行う人も増えています。指先などに針を刺し、極少量の血液で血糖値を把握することができます。

また、糖尿病患者のおよそ60%は高血圧だと言われており、高血圧だとわかった場合は減塩治療や高血圧の薬による治療も行われます。網膜症、緑内障、白内障といった糖尿病を原因とする目の疾患、腎不全、動脈硬化などが起こった場合はそれぞれの治療がプラスされます。

このように糖尿病の症状が進むとたくさんの治療を受けることになり、血糖値のコントロールにも気を使わなくてはなりません。

生活の質も落ちることになります。糖尿病予備軍にいる人は食事や運動、生活習慣の改善、サプリメントなどで血糖値を正常範囲にまで戻すように努力し、糖尿病を発症しないようにしましょう。

ページの先頭へ