血糖値を下げるために有効な方法 » 血糖値を下げる4つの方法

血糖値を下げる4つの方法

適度な運動、食事の工夫、生活習慣の改善、サプリメントの導入など、今すぐ始められる血糖値を下げる方法についてまとめているカテゴリーです。

すぐに始められる、血糖値を下げる方法

糖尿病と診断される前の糖尿病予備軍にいる人や肥満気味で血糖値が気になる人が血糖値を下げる方法は4つあります。

1)適度な運動

ハードすぎない適度な運動を行うことによって筋肉が収縮すると、血糖を細胞に取り込むために必要なGLUT4の働きが活発になります。その結果、細胞内にきちんと糖が取り込まれ、血糖値の上昇を防げます。

また、筋肉の量が増えて脂肪が減ればインスリン抵抗性が改善され、インスリンがしっかり作用するようになります。

2)生活習慣の改善

睡眠不足は交感神経を活発にしてしまい、その結果インスリンの効きが悪くなります。7〜8時間しっかりと質の良い睡眠を得ることで糖尿病のリスクを減らせます。

またストレスはインスリンの働きを抑えてしまうため、長期にわたってストレスを感じ続けないことが大切です。タバコやアルコールも血糖値を上げる側面があります。

規則正しい生活を送ることで、血糖値だけでなく他の成人病を予防することができます。

3)食生活の改善

食事の量(摂取カロリー)や食材の種類だけでなく、1日3回に分けて規則正しく食べること、早食いではなくよく噛んでゆっくりと食べることが血糖値の上昇を防ぎます。

血糖値を下げる食材としては「低GI食品」が有効で、逆に白いパンや白米などの炭水化物は血糖値を高める高GI食品となります。できるだけ低GI食品を食べることが大切です。

4)サプリメントの導入

血糖値を下げたり、上げすぎないように作用するサプリメントはたくさんあります。サプリメントは忙しい人や食事や運動ができない人をサポートしますが、運動や食事、生活習慣を見直すのと同時に取り入れるとさらに効果が期待できます。

毎日続けることで少しずつ効果が現われるため、飲みやすく価格も適性なサプリメントを選ぶようにしましょう。

【番外編】血糖値を下げるその他の方法

血糖値を下げるためには、健康的な生活を目指していくことが大切です。運動で体を動かし、生活習慣を改めて食生活も見直しましょう。しかし、体のため良いことを実践しなければならないのはわかっているものの毎日忘れずにきちんと運動をしたり、すぐに生活習慣を改善するのはなかなか難しい方もいるかもしれません。

ですが、血糖値を下げるためには他にもさまざまな方法があります。病院で治療を受けるほか、日常生活の中で手軽に実践できるものもあるので、そういったものから試してみても良いでしょう。道具がなくてもすぐに始められる血糖値を下げるポイントについてもご紹介します。

【番外】病院での治療

血糖値の状態が悪化すると自分1人だけではなかなかコントロールができません。糖尿病と診断された場合には、病院で専門的な治療を受けましょう。糖尿病の方は標準体重を外れてしまうと血糖値のコントロールが難しくなることもあり食事内容に注意していかなければなりません。病院では具体的な食事療法について指示を受けられます。他にも血糖値改善に効果的な運動療法や、食事・運動を見直しても効果がなかった場合に行われる薬物療法などが代表的です。専門的な指導が受けられるので、効果的に血糖値改善が目指せるでしょう。 血糖値コントロールのため運動はとても大切ですよね。それだけでなく、血行が促進され、血糖値の調整と深い関わりを持っている膵臓に多くの栄養素を運べるようになります。ストレスを取り除く効果などもあるので、効果的な入浴方法を試してみましょう。

【番外】血糖値を下げるツボ

体の中にはたくさんのツボがあり、その中には血糖値を下げるのに効果的なツボもあります。食べ過ぎてしまったもののどうしても運動できない時に取り入れてみましょう。ツボはおまじないのようなものでは?と思っている方もいるかもしれませんが、東洋医学の一部なのでしっかりとした働きが期待できます。血糖値を下げるのに効果的なツボとしては湧泉(ゆうせん)、神門(しんもん)、陽谿(ようけい)などが挙げられるのですが、どこにあるのかわからない方のためにご紹介しましょう。

【番外】入浴で血糖値を下げる

毎日忙しく、シャワーのみで済ませている方もいるはず。ですが、できることならばしっかり湯船につかりましょう。湯船につかって体が温まると基礎代謝がアップし、これによりエネルギーが消費されやすい状態になります。言い換えれば、運動しているのと同じ状態になるということです。

 

次のページからは各項目についてより詳しく解説していきます。

ページの先頭へ