インスリン抵抗性

糖尿病予備軍にいる人や2型糖尿病を発症している人に関係の深い「インスリン抵抗性」について解説します。その原因や高血糖症を招く理由は?

高血糖症を招くインスリン抵抗性と血糖値の関係

「インスリン抵抗性」とは、簡単に言えば自前のインスリンの効きが悪くなっている状態を言います。何らかの理由でインスリンに対する感受性が低くなってしまい、インスリンは分泌されているにも関わらず、インスリンの持つ作用が発揮できずにいる状態です。

インスリンは本来は骨格筋や脂肪組織、肝臓に作用して糖の吸収を促しています。

しかしインスリン抵抗性によって骨格筋や脂肪に糖が取り込まれなくなり、肝臓の糖新生も抑えられなくなります。

その結果、血中に糖があふれ、血糖値が高くなってしまうのです。

血糖値を正常にするため、膵臓のβ細胞はがんばってさらにインスリンを分泌します。

しかし、こういった状態が続くとβ細胞はやがてインスリンを分泌できなくなり、血糖値が上昇します。

インスリン抵抗性は2型糖尿病の大きな原因となります。

運良く糖尿病を発症しないまでもインスリン抵抗性は心血管疾患の原因となり、高脂血症、肥満、血液凝固の亢進などが起こります。

インスリン抵抗性の原因は?

インスリン抵抗性のはっきりとした原因はまだ解明されていませんが、体質の遺伝といった先天的な原因と、後天的な原因として肥満、運動不足、脂肪分の取りすぎ(食べ過ぎ)、ストレス、遊離脂肪酸上昇、加齢などが考えられています。

とくに高齢者は、骨格筋や脂肪組織にブドウ糖を取り込む「GLUT4」という糖輸送担体が減ってくるためにインスリン抵抗性が出てしまうという説があります。

糖尿病とはっきり診断されればインスリン治療を行うこともできますが、インスリン抵抗性があるかどうかを病院で測定するのは現実的ではありません。

またインスリン抵抗性を改善する薬剤も、健常者は使用ができません。

インスリン抵抗性の対策とは

インスリン抵抗性を改善するのにもっとも効果的な方法は、適度な運動を取り入れることです。

有酸素運動などの適度な運動は脂肪を減らし、肥満を解消すればインスリンの効きがよくなると考えられているからです。

また、運動で筋肉が収縮することでGLUT4が活動を始めます。インスリン抵抗性があるとGLUT4が働かなくなり、その結果血糖値は上ってしまいます。

GLUT4が働いてくれれば糖が骨格筋の細胞内に取り込まれるようになり、血糖値の上昇を抑えることができます。

ピニトールコロソリン酸といった成分をサプリメントで補うのもいいでしょう。

この2つの成分にはGLUT4を活性化させる働きがあるので、運動を習慣にしつつこういったサプリを取り入れることで、効果的にインスリン抵抗性を改善させることが期待できます。

ページの先頭へ