暁現象

糖尿病になると、朝方に高血糖になってしまう「暁現象」が起こります。とくに3〜4時と現象がおこる時間が決まっている不思議な現象です。その原因や対策方法をまとめました。

血糖値が朝方に上昇する暁現象

暁現象とは、糖尿病の治療を受けている人に多く見られる、朝方に血糖値が著しく上がってしまう症状の名称です。

「暁」とは夜明けの頃のこと。時間帯でいえば3〜4時ぐらいのことを指していて、この時間帯特有の症状であることから命名されました。

3〜4時は血糖値が上昇し始める時間帯です。

糖尿病患者だけに関わらず、すべての人の血糖値がこの時間になると上昇します。これには成長ホルモンが関係しています。

成長ホルモンは子どもの頃は代謝に加えて骨を伸ばしたり、筋肉などを発達させますが、成人になると代謝を促すことのみを行います。

成長ホルモンは脳から指令を受けて下垂体から分泌されますが、その時間帯が3〜4時頃と考えられています。

成長ホルモンが分泌されるとインスリンの働きは阻害されるので血糖値は上昇します。

健常者であれば4〜8時頃にインスリンの分泌量が増えることで血糖値の上昇がおさまるところ、とくにインスリン依存型の糖尿病の人は、インスリンの効き目が切れてくる時間帯と重なることからさらに血糖値が上昇してしまいます。

暁現象の対策は?

暁現象は以前は寝る前のインスリンの量を増やすことで対処しましたが、就寝中に低血糖を起こすリスクが増えるため、寝る前に少し補食を行うといった対策が取られてきました。

現在は、寝る前に持続性のあるインスリンを注射したり、夕食の炭水化物を減らすといった対策が取られています。

暁現象は、正常に自前のインスリンが分泌される人であれば起こりません。しかし糖尿病になってしまうと朝の血糖値が下がらなくなり、血糖値のコントロールが難しくなってしまいます。

糖尿予備軍にいる人は暁現象が起こらないよう、糖尿病を発症する前の段階で食い止めることが大切です。

ページの先頭へ