血糖値を下げるために有効な方法 » 知っておきたい血糖値の基礎知識 » 血糖値の高さが原因で起こる症状・病気

血糖値の高さが原因で起こる症状・病気

血糖値が上がる原因にはいろいろとありますが、血圧が高いとさらに深刻な症状を招くことがあります。正常な血糖値でおさめる必要性や糖尿病制合併症について解説します。

血糖値が上がる原因

血糖値が上がる原因は、体質的な遺伝のほかに加齢や内臓脂肪の蓄積、加齢、運動不足、ストレスなどがあります。偏った食生活や暴飲暴食、アルコールやタバコなども原因になります。

これらの原因や行為は大量のインスリンを必要とするので、インスリンがフル稼働で分泌されることになります。その結果、インスリンの量が少なくなってしまったり、インスリンが分泌されたとしても正しく機能しなくなっていきます。

すると血糖値は高くなり、高血糖の状態が長く続くことで糖尿病を発症するのです。

糖尿病の種類と症状

糖尿病には1型糖尿病と2型糖尿病があります。1型は膵臓の細胞が壊されてしまうことで起こる糖尿病で、若年層に多い病気です。

中高年に多いのは2型で、糖尿病患者のうちおよそ95%はこの2型糖尿病に分類されています。

その他にも遺伝子の異常や薬の副作用によって起こることがあり、妊婦糖尿病もあります。

糖尿病の自覚症状としては多飲多尿、体重の増加・減少、疲労感を感じやすくなるといったことがあります。ただし、2型の場合はほとんど自覚症状がありません。そのため発見が遅れて症状が進んでしまうことがあります。

血圧が高い高血糖の危険な症状

血糖値が高いことがわかった場合は、食事療法や運動療法、薬物療法などで血糖をコントロールする必要があります。しかし2型糖尿病の場合、症状があまり現われないことが多いので症状が進行してしまうことがあります。

糖尿病が進行すると合併症が起こり、次のような深刻な症状を招きます。

■糖尿病性腎症

糖尿病によって腎臓の働きが悪くなり、慢性腎不全に移行します。腎不全の症状が進むと人工透析などが必要になります。

■糖尿病性網膜症

網膜の血管が障害されて、症状が酷くなると失明してしまう危険性も。

■糖尿病性神経障害

神経が障害され、手足がしびれたり、ほてりや痛みが現われます。痛みが麻痺して足の傷に気づかないこともあり、潰瘍ができたり、壊疽になることもあります。

■骨粗鬆症

新しい骨を作るために必要な骨芽細胞が増えにくくなったり、活性型ビタミンDが不足しやすくなり、その結果、骨粗鬆症になることがあります。

■脂質異常症(高脂血症)

インスリンの働きが悪くなることで脂肪の代謝が悪くなり、血液中の中性脂肪が増え、脂質異常症を引き起こすことがあります。脂質異常症は動脈硬化の原因になります。

■動脈硬化(脳卒中・心筋梗塞)

糖尿病は血液がドロドロしやすく、高血圧になります。糖尿病を原因として血圧が上がり、動脈硬化が進み、脳卒中や心筋梗塞、足の壊疽などが起こりえます。

このように、糖尿病はさまざまな合併症を引き起こします。とくに高血圧になることで即座に命に関わる病気になることも。もともと血圧が高い人はとくに注意が必要です。糖尿病を予防することが高血圧の予防につながるということを心に刻んでおきましょう。

正常な血糖値を目指して

「少しぐらい血糖値が高くても…」という油断が慢性的な高血糖の状態を招き、そこから糖尿病、糖尿病性合併症へと進んでいきます。そのため、血糖値は常に一定の、正常範囲内で保つ必要があります。

血糖値の検査は採血で簡単に行えます。定期的な検査をし、高めであればそれを改善するような食事療法や運動療法、サプリメントなどを取り入れることが大切です。

もし糖尿病と診断された場合は、病院の指導に従って適切な治療を行うようにしましょう。

ページの先頭へ