血糖値と眠気の関係とは?

十分に睡眠を取っているはずなのに、なぜか急に眠くなることがある…そういった場合、もしかしたら血糖値が関係しているのかもしれません。どうしても眠くなると困る時間帯がある場合は、血糖値を調整することにより対策が取れる可能性があるのでチェックしてみてくださいね。

血糖値と眠気にはどんな関係がある?

血糖値といえば、食べ物や飲み物から摂取した糖質が原因で数値が変化する血液中の糖の割合のことです。つまり、選択する食べ物や飲み物によっては血糖値が上がることもあれば、上昇せずに抑えられる場合もあるということです。

その血糖値が眠気と深い関係を持っているのです。

例えば、お昼を食べた後に眠くなる方も多いはず。昔から「お腹がいっぱいになると眠くなる」とよく言われますよね。これは、食べ物を消化するためにたくさんの血液が胃腸に集まり、脳に十分な血液が届かなくなってしまうことも一つの原因なのですが、もう一つの原因として挙げられるのが血糖値に関することです。

食事から多くの糖質を取り入れると尿に糖質を排出する動きが始まるのですが、尿の中にたくさん糖質があるのは体にとって良いことではありません。

これを抑えるために腎臓はたくさんの水分を排出します。しかし、糖はエネルギーであるため、水分と同時に糖が失われるとエネルギーが足りず、眠気を感じることがあるのです。人によっては眠気ではなく、疲れや目のかすみなど感じることもあります。

中には、意識を保っていられないほどのひどい眠気に襲われ、それを無理に我慢しようとすると頭痛につながってしまう方もいるので、たかが眠気と侮ってはいけません。

また、食事によって血糖値が上がった場合だけでなく、下がった場合にも眠気は発生するのです。血糖値が低くなると脳に運ばれる血糖が低くなるのですが、血糖は脳の唯一のエネルギー元となります。これが不足すると十分に脳を動かすことができなくなり、眠気を感じてしまうわけです。

血糖値が原因で起きる眠気を抑えるには?

最も大切なポイントになってくるのが、血糖値を安定させることだといえるでしょう。血糖値が急上昇したり、急下降するような食事を避けるだけでも食後の眠気は抑えられます。

まず、食べる順番から気を付けてみてくださいね。最初に食物繊維類が豊富に含まれている野菜類を食べ、食べ終わってからタンパク質をとりましょう。ご飯やパン、麺類などの炭水化物は最も血糖値を上昇させるため、最後にとるのが基本です。

最初に食物繊維を摂取しておくことにより、糖質の吸収が穏やかになり、血糖値の急上昇が避けられます。

また、早食いの状態になると短い時間でたくさんの糖質が取り入れられてしまうため、できるだけゆっくり食べるように心がけましょう。食事から取り入れる炭水化物(糖質)の量を減らしたり、食後の甘いものをやめる、眠くなるとまずいタイミングではコーヒーに砂糖を入れないなどの対策も取り入れてみてくださいね。

低血糖になった場合も眠気が発生するとご紹介しましたが、こちらの基本的な対策も食事にあります。十分な睡眠を取っているのに午前中はずっと眠気を感じている方などは、朝食の取り方に問題があるのかもしれません。

一日の中で血糖値が乱れることなく、安定した状態を作るためには三食しっかりバランスよく食べることが重要です。朝食を抜いている方は特に低血糖で午前中に眠気を感じやすくなるので注意しなければなりません。その中で少し炭水化物の量を抑えられるように心がけてみましょう。

糖尿病や糖尿病予備軍の方は血糖値のコントロールが難しく、高血糖状態になったり、低血糖状態になることがあります。すると、眠気を抑えることができない場合もあるため、普段から血糖値のコントロールを心がけていきましょう。

ページの先頭へ