平均・正常値

通常より高い血糖値はどうやって見極めるのでしょうか。ここでは正常な血糖値とヘモグロビンA1cなどの検査項目について説明します。

血糖値が高いかどうかを見極める方法

糖尿病は、人によっては自覚症状がまったくありません。

定期検診や人間ドックを受け、初めて糖尿病やその兆候があることがわかった、という人がほとんどですから定期的な病院での検査はとても大切です。

また自覚症状があり、糖尿病が気になる人はすぐに病院で診察を受けるようにしましょう。

診察の内容は問診と血液検査のみ。問診で聞かれる内容は、次のようなものです。

  • 血縁者に糖尿病の人がいるかどうか
  • 食生活やストレス、睡眠時間、運動の内容、肥満の有無
  • のどの渇きや体調の変化(手足のしびれ・疲れやすさ・むくみ)など
  • 持病の有無

そのほか出産直後の女性については、妊娠の際に尿糖陽性や妊娠糖尿病があったかどうかなどが確認されます。

正常な血糖値の範囲

糖尿病かどうかは血液検査によって見極められます。検査では次の項目を測ります。

■早朝空腹時血糖値

通常、血糖値がもっとも低い朝食前の血糖値を測ります。食事から10時間以上経っている必要があります。正常値は70〜110mg/dL未満で126mg/dL以上である場合は「糖尿病型」と医師から診断されます。

■随時血糖値

食後、何時間経っているかということを気にせずに測る血糖値です。200mg/dL以上ある場合は「糖尿病型」と診断されます。

■75gOGTT(75g経口ブドウ糖負荷試験)

10時間以上絶食した状態で血糖値を測った後、75gのブドウ糖を摂取し、30分後、1時間後、2時間後の血糖値を計測します。空腹時血糖値126mg/dL、2時間後に血糖値が200mg/dL以上の場合は「糖尿病型」と医師から診断されます。

ヘモグロビンA1cの正常値

そのほかに「ヘモグロビンA1c(HbA1c)」という検査もあります。これは過去1〜2カ月の血糖値を調べることができる検査です。

前述した「早朝空腹時血糖値」「随時血糖値」「75gOGTT(75g経口ブドウ糖負荷試験)」のいずれかで「糖尿病型」であり、「ヘモグロビンA1c」で6.1%以上の数値が出た場合は糖尿病と診断されます。

これらの検査で「正常型」「糖尿病型」のほかにもう一つ「境界型」に分類されます。

「境界型」とは「正常型」と「糖尿病型」の間にあるグループで、糖尿予備軍と言っていいでしょう。

このままいけば糖尿病になってしまう危険性が大ですから、「境界型」にいる人は食生活や生活習慣を見直し、血糖値を上げない生活を心掛けることが大切です。

ページの先頭へ