サポニン

サポニンには血糖値を下げたり、免疫力を高める効果があります。原料やおすすめサプリと、愛飲者の体験談を紹介します。

サポニンの血糖値への作用

サポニンは高麗人参や田七人参、大豆などの根や葉っぱ、茎に含まれる成分です。苦みやえぐみといった味の元となる成分といえばわかりやすいでしょう。

サポニンにはさまざまな健康効果がありますが、インスリンと同じような働きをして血糖値を下げる効果があります。

サポニンには他にもコレステロールを除去する効果や血流改善・血栓予防効果、肥満を予防する効果、免疫を高める効果などがあると言われています。また殺菌や抗菌作用もあり、溶けると泡立つことから以前は石けんの材料として用いられていたこともありました。

気をつけたいのは、サポニンは原料ごとにその効能が少し異なることです。大豆を原料とした大豆サポニンや高麗人参、田七人参に含まれているサポニンは安全性が高いことがわかっていますが、桔梗や柴胡(さいこ)などに含まれているサポニンはたくさん摂りすぎると溶血作用や吐き気を誘因することがあります。サプリメントを飲むときは、原料をしっかり吟味するようにしましょう。

サポニンを使ったサプリメント

ここでは田七人参と高麗人参を原料としたサプリメントを紹介しましょう。

■さくらの森「白井田七」(1カ月分 240粒/9,979円)

無農薬の有機栽培による田七人参を原料としたサプリメントで、サポニンのほかにフラボノイドや必須アミノ酸、ビタミンB類、亜鉛、マグネシウムなどが配合されています。

1日あたりの摂取量は4〜8粒で飲み物と一緒に摂ります。

同じシリーズで液状のドリンクタイプ(50ml10本/8,640円)もあります。

  • 口コミ1:これを飲むようになってから風邪をひきにくくなったし、血糖値の数値も下がりました!
  • 口コミ2:痛風対策で飲みはじめたところ、一度危うい時はあったものの痛風の激痛がおこらなくなりました。私には効いたと思います。
  • 口コミ3:飲みはじめてから1カ月で血糖値の数値が改善してきました。もう少し続けてみようと思っています。

血糖値だけでなく疲労回復や成人病の予防など、さまざまな目的で飲みはじめた人が多いようです。

■小林製薬「黒にんにく高麗人参」(1カ月分90粒/2,592円)

小林製薬による高麗人参から抽出したサポニンを配合した、1日3粒のソフトカプセルのサプリメントです。黒にんにくに配合されているポリフェノールやS-アリルシステインには疲労回復効果があるほか、高麗人参に含有されているビタミンB群、マグネシウム、カリウム、亜鉛なども血糖値を抑える効果があります。

ただし高血糖の改善というよりも、疲労回復や健康維持のために飲んでいる人が多いようです。トータルで成人病予防対策をしたいという人におすすめです。

  • 口コミ1:ダイエット目的で飲んでいます。脂肪を燃焼させるアミノ酸が豊富ということでこのサプリメントを選びました。
  • 口コミ2:疲れがなかなか抜けないので高麗人参を使っているサプリを探していました。飲んでから何となく体が軽くなった気がするし、成人病の予防にもなるので、これからも続けたいと思っています。
  • 口コミ3:ニンニクを使っているので臭いが気になっていたのですが、ほとんど気になりません。美容と健康のために続けたいと思っています。

高価なサポニンを手軽に試せること、トータルで元気になれることなどから女性にも愛飲者が多いサプリメントのようです。

ページの先頭へ