コロソリン酸

バナバという植物に含有されているコロソリン酸の効果を解説します。糖尿を予防するサプリメントとその口コミも!

バナバのコロソリン酸の血糖値への効果

コロソリン酸はバナバやゴーヤに含まれる成分です。バナバはミソハギ科サルスベリ属の植物で、フィリピンでは薬用植物に指定されています。

バナバに含有されているコロソリン酸には、糖を細胞内に取り込ませるGLUT4の働きを促進させる効果があります。血液中にある糖をきちんとエネルギー源に替えることができるので、血液中の糖が減り、血糖値の上昇を防ぎます。この性質からコロソリン酸は植物性インシュリンとも呼ばれています。

ただし、コロソリン酸は脂溶性のため、お茶などで煎じて飲んでもコロソリン酸をしっかりと取り込むことはできません。効率よく摂取するなら、きちんと抽出されているサプリメントで摂るのが一番でしょう。

コロソリン酸を多く含む食べ物と効果的な摂取方法

コロソリン酸は、ゴーヤーの中に含まれている成分として有名です。ゴーヤーを使った料理といえば、やはりゴーヤーチャンプルーですよね。最近はスーパーでもよく見かけるようになり、メジャーな野菜となりましたが、毎日ゴーヤーチャンプルーでは飽きてしまいます。

それ以外に食べる方法が少ないため、ゴーヤーで摂取するのはあまり効率的ではありません。バナバと呼ばれる植物にも入っている成分ですが、お茶として販売されているのは見かけるものの、手に入る場所が限られています。

ゴーヤーとバナバ、どちらも何気なく口にする食べ物ではありません。意識して食べる必要があため、食事で補うのはかなり難しい成分ですね。コロソリン酸を配合したサプリメントを摂取するほうが、確実ではないでしょうか。

コロソリン酸のサプリと口コミ

バナバを原料としたコロソリン酸のサプリはいくつか出ています。なかでもとくにおすすめのサプリを2つ紹介しましょう。

■アイ・ファーム「グルコソール」(1カ月分90粒/7,515円)

バナバの濃縮エキスに加え、コロソリン酸の働きをサポートするDHAを配合したソフトジェルをカプセルに詰めたサプリメントです。1粒にコロソリン酸含有植物エキス30mgとDHA70%含有精製魚油150mgが配合されています。

あらゆるデータをもとに飲んだ後にしっかり作用するように設計されたサプリで、DHAが配合されていることから血液サラサラ効果も見込めます。血糖値だけでなくカロリーが気になる人やダイエットしたい人にも向いています。

  • 口コミ1:糖尿病と診断されないまでも血糖値が高めだったんですが、飲みはじめてからヘモグロビンA1cが少し下がりました。これからも続けたいですね。
  • 口コミ2:いろいろなサイトで評判がよかったので飲みはじめたところ、尿検査では血糖の低下が示されていました!
  • 口コミ3:飲みはじめて2カ月で血糖値が少し下がり、4カ月でさらに下がりました。体の調子もとてもいいですね。

糖尿病の予備軍にいる人、数値がグレーゾーンの人の口コミが目立ちました。 インスリンや薬剤で治療を行っている人は医師に相談した上で使用するようにしてください。

■DHC「バナバ」(1カ月分30錠/1,252円)

コロソリン酸の含有量を18%にまで増やした錠剤のサプリメントで、バナバエキスのほかに難消化性デキストリンと苦瓜エキス末、グァバ葉エキス末を配合しています。

1日1カプセルで済むので非常に手軽で、コストパフォーマンスの良さも魅力。便秘対策やダイエット目的で取り入れる人も多いようです。

  • 口コミ1:家系的に糖尿病が心配でバナバ茶を飲んでいたのですが、最近は薬局などでも見当たらなくなったのでこちらを飲んでいます。血糖値が高くなるようなこともなく、手軽に摂れるので気に入っています。
  • 口コミ2:薬の副作用で便秘があったのですが、こちらのサプリメントを飲み出してからお通じがよくなりました!
  • 口コミ3:食事が不規則だったので血糖値が心配でしたが、こちらを飲んでいるせいか安心して過ごせています。

1日1カプセルという手軽さも好評で、バナバ茶からこちらにシフトしたという人も見られました。 

ページの先頭へ