ゴーヤ

コロソリン酸やチャランチン、モモルデシチンといった血糖値を下げる成分が豊富なゴーヤ。糖尿に効く理由とおすすめサプリ、口コミをリサーチしました。

ゴーヤが糖尿に良いといわれる理由

バナバという植物にはコロソリン酸が含まれていますが、苦瓜とも呼ばれるゴーヤにもインスリンと同じような働き方をするコロソリン酸が含まれています。

コロソリン酸は糖を脂肪内に取り込むGLUT4を活性化させ、インスリン抵抗性を軽減させることがわかっています。この一連の流れからゴーヤにも血糖値を下げる効果が期待されています。

加えてゴーヤにはチャランチンという成分も含有されています。チャランチンは膵臓の働きを活性化させる効果があり、インスリンの分泌も促すことがわかっています。

さらにはモモルデシチンという成分もあり、こちらは血糖値やコレステロール値、血圧を下げる効果があるということです。

このトリプル効果が血糖値を改善・高血糖を抑制させるというわけです。

ゴーヤは長寿の土地・沖縄の名産です。沖縄の人たちが長生きしていることと関係が深いのかもしれません。

ゴーヤの入ったサプリメント

ゴーヤを原料としたサプリメントは何種類も販売されています。錠剤の飲みやすい2つを紹介します。

■株式会社ライフィックス「糖素減」(1カ月分150粒/12,960円)

ゴーヤのほかに難消化性デキストリン、クロム含有ビール酵母も入ったサプリメントで、1日4〜6粒を目安に飲みます。

ゴーヤは日本産ではなく中国広東省の「蘭山ゴーヤー」を用いていますが、収穫後と加工後に2回の品質検査を行っています。蘭山ゴーヤーは緑黄色で凹凸がない、日本のゴーヤとは見た目の違うゴーヤです。品種改良がされていない希少性の高いゴーヤで、タンパク質成分が多いことが特徴です。

  • 口コミ1:高価なサプリメントですが、飲みはじめて2週間で血液検査の結果が改善されました。血液がサラサラになる効果もあるようです。
  • 口コミ2:ゴーヤは苦手ですがこちらのサプリなら大丈夫!血糖値を下げる目的で飲んでいますが美容効果もあるようです。原料に化学的なものが使われていないのも安心できます。
  • 口コミ3:こちらのサプリを飲みはじめてから気持ちが前向きになったし、体の調子がとても良いです。高価ですがまとめ買いだと割安になります。

販売元には専任のカウンセラーがいて、いつでも電話で相談に乗ってくれるので、どのぐらい飲めばよいのかといったことの相談にものってくれるそうです。

■山本漢方製薬「ゴーヤ粒」(1カ月分280粒/1,944円)

ゴーヤのほかにデキストリンを配合した錠剤タイプのサプリメント。1日9粒を目安に水やお湯と一緒に飲みます。飲む時間についてはとくに目安はなく、いつでも飲むことができます。

原料のゴーヤは苦みを抑えたものでエキスと種子を丸ごと配合しています。

  • 口コミ1:血液検査の結果がよくなかったのでこのサプリを飲みはじめましたところ改善されました!体重も減ってうれしいです。
  • 口コミ2:ゴーヤをお茶で摂っていましたがこちらのほうが飲みやすいです。食前に飲むようにしていて、血糖値も安定しています。
  • 口コミ3:血糖値が少し高めで便秘も気になっていたので飲みはじめました。便秘も治り、胃腸の調子もよくなりました。血糖値も少しですが下がったようです。価格も安いほうだと思います。

血糖値のほかに血圧の改善や便秘改善のために飲んでいる人が多いようです。飲んだことで疲れにくくなったといった口コミもありました。 

ページの先頭へ