血糖値を下げるために有効な方法とは

血糖値の上昇の対策、日常からのケア方法には、おもにつぎの4つがあります。

適度な運動 1「適度な運動」
適度な運動は肥満を改善し、糖を細胞内に取り込む「GLUT4」の働きを活発にすることでインスリン抵抗性を改善。インスリンの効きがよくなれば血糖値の上昇を抑えることができます。適度な運動とはウォーキングや水泳、サイクリングなどで、1回30分、週に数日の運動でかまいません。
さらに詳しく
  生活習慣の改善 2「生活習慣の改善」
睡眠不足や喫煙、飲酒といった生活習慣の乱れは、血糖値を上げる原因に。また、人はストレスを感じると血糖値を上昇させるコルチゾールというホルモンを増加させることがわかっているので、慢性的にストレスを感じることで血糖値が上がってしまうことがあります。

さらに詳しく
  食生活の改善 3「食生活の改善」
運動療法とともに2型糖尿病の治療法として選択されるのが食事療法です。血糖値を上げない低GI食品を摂ることが大切ですが、さらに重要なのは食べ方や食事の回数。一度にたくさん食べないためにも食事は3回に分け、またゆっくりとよく噛んで食べることが血糖値の上昇を抑えるコツとなります。
さらに詳しく
  サプリメントなどで有効成分を摂る 4「サプリメントなどで有効成分を摂る」
忙しい人にもサプリメントは効果的ですが、運動と生活習慣の改善、食事の改善を行いながらサプリを導入するとよりよい結果を期待できます。インスリン抵抗性を改善したり、血糖値を下げたり、糖の血液中への吸収を抑える成分を配合したサプリを利用するといいでしょう。
さらに詳しく

毎日の習慣改善が難しいのならば「サプリメント」を上手に活用しましょう

上記の方法は、血糖値が高めだったり、糖尿病とのグレーゾーンにいる人にできるだけ早く試してもらいたい方法です。
ただ、食事制限やお酒を制限することでストレスがたまっては元も子もありません。また、忙しくて運動をする時間がないという人もいるでしょう。
そこでおすすめしたいのは、手軽に摂れて続けやすいサプリメントです。
運動もできない、食事制限、アルコール制限もできないという人は、まずはサプリメントから始めるとよいでしょう。

血糖値ケアにおすすめのサプリメントランキング

血糖値対策のサプリメントは成分も種類もさまざまですが、その中でもとくに人気のサプリを厳選して、お薦め順にランキングにしました。

サプリメントを選ぶときにポイントとなる「お試し商品の有無」「価格」「血糖ケアへのアプローチ」「信頼性(国産原料かや製造のこだわりなど)」「口コミ評判」をポイントに比較しましたので、ぜひ参考にしてください。

第1位「グラシトール(アグリ生活)」

グラシトール(アグリ生活)

総合評価 総合評価5つ

お試し商品の有無 有り
1,518円+税(10日分)
約1ヶ月分の価格 4,552円+税(180粒)
血糖ケアへのアプローチ 配合成分のピニトールは植物性インスリン様物質で、高血糖によって働かなくなっているGLUT4を活発にさせてインスリン抵抗性を根本から改善させる
信頼性 原料のアイスプラントは自社工場で生産。100%無農薬を実現している
口コミ評判
ヘモグロビンA1cがなかなか7%を切ることができなかったのが、食事の方法とピニトールのサプリを取り入れてから6.6%まで下がってビックリしています。
空腹時血糖120mg/dlが、このサプリを飲みはじめてから数カ月で108mg/dlまで下がりました。
ずっと血糖値が高めに出ていたのですが、このサプリを飲み出して3カ月ぐらいで血糖値が20〜30程度下がりました。
糖質を気にせずに食事ができるので助かります。糖質制限をしている人にもおすすめです!
まずはお試しと思って1ヶ月飲んでみました。血糖値の変化はまだわかりませんが体が軽くなったのを実感しています。
糖質制限のお供に購入。たまに炭水化物を食べたくなった時もストレスなく食べられています。
継続してかれこれ数ヶ月になりますが、徐々にヘモグロビンA1cの値が下がってきました。
最新のキャンペーン情報などはこちら

第2位 金の菊芋(グランデ)

金の菊芋(ドクターベジフル)

総合評価総合評価4つ

お試し商品の有無 無し
約1ヶ月分の価格 5,200円+税(200粒)
血糖ケアへのアプローチ 成分のイヌリンは水溶性の食物繊維と同様の働きをして一緒に摂った食べ物の糖質を抑え、血糖値の上昇を防ぐ
信頼性 原料の菊芋は100%が熊本産で農薬は不使用。菊芋の純度も98%と高く、良質のイヌリンをたっぷり摂ることができる
口コミ評判
夫婦で飲んでいますが、自分は血糖値が下がりました。妻は便秘が改善されました。
糖尿用の薬と一緒に飲んでいますが、数値がだいぶ改善されました!
ほのかな甘みがあってとても飲みやすいサプリメントだと思います。
最新のキャンペーン情報などはこちら

第3位 サラシアプラス(コアシステム)

サラシアプラス(コアシステム)

総合評価総合評価4つ

お試し商品の有無 無し
約1ヶ月分の価格 6,648円+税(120粒)
血糖ケアへのアプローチ サラシアが糖が単糖類になるのを阻害して、糖分が腸から血液中に吸収されるのを防ぐ
信頼性 ロットごとに原料を品質チェック。医薬品GMPに準拠した国内の工場で徹底した衛生管理のもと作られている
口コミ評判
2年ぐらい飲み続けています。血糖値もヘモグロビンA1cも正常値になった上、血圧も下がりました。
家系的に糖尿が心配で飲んでいますが、数値は基準値内に治まっています。
健康診断の結果がよかったのでこのまま続けたいですね。錠剤で飲みやすいです。
最新のキャンペーン情報などはこちら

第4位 白井田七(さくらの森)

白井田七(さくらの森)

総合評価総合評価3つ

お試し商品の有無 無し
約1ヶ月分の価格 12,000円+税(240粒)
血糖ケアへのアプローチ サポニンがインスリンと同様の働きをして血糖値を下げる。血流改善や肥満防止効果など成人病予防効果が期待できる
信頼性 無農薬の有機栽培による田七人参を原料としており、その品質はドイツの国際有機認証を取得
口コミ評判
飲み出してから血糖値が下がりました。風邪もひきにくくなって丈夫になりました
1カ月飲んだところ、血糖値が改善されました!
痛風の激痛に悩んでいましたが、こちらのサプリを飲むようになって数カ月間、激痛がありません。
最新のキャンペーン情報などはこちら

第5位 糖素減(ライフィックス)

糖素減(ライフィックス)

総合評価総合評価3つ

お試し商品の有無 無し
約1ヶ月分の価格 12,000円+税(150粒)
血糖ケアへのアプローチ ゴーヤが原料のサプリ。コロソリン酸はGLUT4を活性化させ、チャランチンは膵臓の働きを元気に、モモルデシチンも血糖値を下げる
信頼性 希少性の高い「蘭山ゴーヤー」が原料で、収穫後と加工後に2回の厳しい品質検査を行っている
口コミ評判
血糖値を下げる目的で飲んでいますが、美容効果もあったようです。
飲みはじめて2週間で血糖値が改善されました!
このサプリを飲むようになってから体の調子がすこぶる良く、気持ちも前向きになりました。
最新のキャンペーン情報などはこちら

インスリン抵抗性を改善する「ピニトール」に注目

インスリン抵抗性を改善する「ピニトール」に注目

ご覧いただければおわかりのように、血糖値を下げる効果が期待できるサプリメントといってもそのアプローチの方法はさまざまです。
多くは糖の吸収をゆるやかにして血糖値が急激に上がるのを防いだり、糖が腸で吸収して血液中に出て行くのを阻害します。

その中でピニトールのアプローチの仕方は異なっていて、これがより確実に血糖値を下げることにつながっています。

ピニトールはインスリン様物質とも形容されていますが、それはGLUT4というタンパク質の一種を活性化させることに関係しています。GLUT4はブドウ糖を筋肉組織へ届ける働きをしていますが、GLUT4は血糖値が高い状態になると働くのをやめてしまいます。ピニトールには怠けているGLUT4を活性化させる作用があり、GLUT4が再び機能することによって血中に糖が溢れるのを防ぎます。これがピニトールの血糖値への作用です。

ピニトールにはほかにも肝機能を向上させたり、白内障など糖尿病と関係の深い諸症状にも効果があることがわかっています。便秘の改善や美容効果があったという口コミも目立ちました。

希少性の高いピニトールがたっぷり摂れるサプリメント「グラシトール」

ピニトールがたっぷり摂れるサプリメント「グラシトール」

インスリンの効きが悪くなるインスリン抵抗性も緩和されることからピニトールが入った食材を積極的に摂ることが望ましいといえます。

ピニトールが含まれている原料としては、健康野菜として注目されているアイスプラントがあります。つぶつぶとした歯ごたえも人気の野菜です。

ところがピニトールは、何が原料であってもそれほど含有量が多くないという特徴を持っています。
そのため、希少性の高いピニトールを抽出してギュっと詰めたサプリメントで摂る方法が一番効率的です。

「グラシトール」は、アイスプラントを原料としたピニトールをたっぷり配合したサプリメントで、ピニトールの配合量はアイスプラントのなんと70倍!加えて血糖値が高くなると不足しがちな亜鉛やマンガンといったミネラルやインスリンを作るのに役立つビタミンB群を中心としたビタミンを9種類、バランスよく配合しています。

続けやすい価格と飲みやすさ・信頼性

ピニトール配合サプリメント「グラシトール」

開発には大学なども関わっており、「グラシトール」は長浜バイオ大学、鳥取大学、滋賀県東北部工業技術センター、産業技術総合研究所などとの産学官共同研究により、誕生したそうです。

原料となるアイスプラントは滋賀県の自社工場で生産、100%無農薬で安全性も抜群です。

希少性の高いピニトールを手頃な値段で飲めるのは、いまのところ「グラシトール」だけのようです。形状は錠剤なので飲みやすく、続けやすさも魅力です。

わたしは、飲み始めて1週間経ちましたが、朝の目覚めの良さと体が疲れにくくなったのを実感しています。

さらに続けることで、気になる血糖値への効果も期待できそうです。

ほかのサプリメントで効果が感じられなかった方、何かはじめたいけれど何を選んでいいかわからない人は、まずは10日分(1,518円+税)のお試しセットで試してみるといいかもしれません。

グラシトールの飲み方

一日当たりの目安量は6粒となっております。一袋には1ヶ月分となる約80粒が入っているので忘れずに飲みましょう。 薬ではなくサプリメントであるため、必ずこのタイミングで飲まなければならないということは決められていません。

ですが、せっかくならば効果的な飲み方をしたいですよね。

公式ホームページでは多くの方が一日3回、食前に飲んでいると報告されています。毎食毎に2粒飲めば一日当たりの摂取目安量である6粒になりますね。

一度にたくさん飲んだとしてもすべて吸収されるわけではないので、このように3回くらいに分けて飲むのがおすすめです。また、血糖値に働きかける成分が含まれているので、多くの方が実践しているように食前に飲むのが理想的だといえるでしょう。



ただ、一日のうちでいつ飲むか?よりもいかに毎日継続して飲むか?の方が重要なので、食前に飲み忘れた場合は食後に飲んでも問題ありませんし、続けやすいタイミングを選ぶことが大切です。

グラシトールの副作用

グラシトールに含まれている注目成分「ピニトール」の原料となるのは南アフリカを原産地とする多肉植物のアイスプラントです。ピニトール自体の副作用は確認されていないため、何らかの心配があるとすれば原料となっているアイスプラントの安全性に関することだといえるでしょう。

アイスプラントは古くからメディカルハーブとして活用されてきた植物で、グラシトールには安心安全な野菜工場で育てられたピニトールが使われています。密閉型の施設で無農薬栽培によって作られているのが特徴です。

また、品質チェックでは50項目以上をクリアした安心のアイスプラントが使われています。しかも成分解析は第三者機関によって行われており、内容は完全公開されているので販売会社としても安全性に自信を持っている商品だといえるでしょう。

グラシトールの成分

一日当たりの目安量となる6粒には植物性インスリンとまで言われる注目成分のピニトールが約300mg配合されています。それだけでなく、他にもビタミンやミネラル、抗酸化成分であるファイトケミカル、フルーツ酸のAHA、アミノ酸なども含まれていて様々な栄養素がまとめて摂取できるのが魅力です。

血糖値に働きかける成分として高濃度のピニトールが含まれているだけでなく、糖質をエネルギーに変換する際に欠かせないビタミンB1も含まれているので相乗効果も期待できるでしょう。

女性にも嬉しい効果【葉酸/不妊】

グラシトールには水溶性のビタミンでもある葉酸が含まれています。葉酸は特に女性と深い関わりのある栄養素として知られており、妊娠初期に体内に十分な量の葉酸があると胎児の神経管閉鎖障害リスクを低減できると厚生省からも発表されているのです。

妊娠中、授乳中にも重要な役割を果たす栄養素なのでしっかり取り入れましょう。 グラシトールに含まれているピニトールは、不妊になる原因の一つである多嚢胞性卵巣症候群を改善させる効果が期待されています。実際に海外では不妊治療の一環としてピニトールを使った治療が行われている実績もあるのです。

日本ではまだ一般的とは言えませんが、今後は日本でも不妊治療にピニトールが役立てられるようになるかもしれませんね。 そもそも血糖値が高い状態も不妊に繋がりやすくなるので、血糖値に働きかける成分が含まれているピニトールは要チェックです。

血糖値ケアにおすすめの「グラシトール」のお試し商品の詳細はこちら

※個人が運営しているサイトです。
掲載しているサプリメントの最新情報などは各公式HPでご確認ください。

ページの先頭へ